場づくりをする人たちの場|#EventSalon4 参加者に「初体験」させるイベントのつくりかた 開催レポート

2014年12月、“場づくりをする人たちの場”として生まれた「Event Salon」。これは、数カ月に一度、新しい時代のイベントを表現するテーマを設定し、そのテーマに沿ったゲストスピーカーをお招きするトークライブ型イベントです。

EventSalon4

会場となったのは、渋谷にあるオシャレな会員制シェアードワークプレイス「co-ba」。“場の発明”をビジョンに掲げる「ツクルバ」が運営するイベントスペースです。

第4回目となる今回も、会場は満員御礼。
カンパイの音頭とともに、みなさんとビールを片手にまったりと幕をあけました。

さて、「イベントをしよう!」と思い立ったが吉日。
ですが、初めてのイベント主催はヒヤヒヤすることも多いもの。
誰も思いつかない、誰もマネできない、でもきっと面白い! 
そんなオリジナルのイベントは、大当たりする可能性がある一方で、魅力や楽しみ方をきちんと伝えらないことも……。
「え? 何の話?」「世界観についてけない」「ルールがわからない」――と、置いてきぼりにされた参加者の悲鳴がこだます悲惨なイベントにもなりかねません。

EventSalon #4

では、誰も経験したことのない、未知のイベントを成功させる方法とは?

その謎を解明すべく、設定したテーマは「初体験」!
お招きした方は、“初めて”のハードルなぞものともせずに、みごと参加者のハートをゲットし大成功を収めてきた5つのイベントの主催者たちです。

・森下詩子さん・・・北欧発! 前代未聞のフリマイベント「クリーニング・デイ」
・ジェイ・ノイズさん・・・甲冑姿で戦う!? ド迫力の格闘技「日本アーマードバトル・リーグ」
・手塚新理さん / 駒ヶ嶺亮一さん / セクシーキラーさん・・・テクノにのってうどんを踏み踏み「テクノうどん」
・佐谷 恭さん・・・交通機関OKの斬新マラソン「シャルソン」
・新熊 康助さん・・・サッカークラブの新たな挑戦「東京ヴェルディ企画チケット」

(※各登壇者が語ってくれた内容は、こちらのページに随時掲載していく予定です。合わせてお楽しみください!)

ジェイ・ノイズ

そして、このイベントには欠かせないもう一つのお楽しみ。
そう、おいしい“ごはん”です。

EventSalon #4 ケータリング

今回のディナーをプロデュースするのは、瀬戸内海に浮かぶ上島諸島の恵みが魅力の「しまの食堂」。紫、白、ピンクが珍しい3色のポテトサラダやちらしずしなど、目まで楽しいプレートができました。

未体験のハードルをぶちこわし、巻き込んでいくパワーの作り方をみんなで学んだ3時間。この場所から1つ、また1つと面白いイベントが誕生しそうな予感がした夜でした。

これから、各スピーカーの発表をこのブログで更新していきます。どうぞお楽しみに!

—————————————————————————————
第4回 開催概要
日時:2014年6月27日(木)19:30-22:00(開場19:00)
場所:co-ba(コーバ)(6F co-ba library) アクセス
参加費:2,000円(ワンドリンク付) 1,000円(オススメケータラー・フード予約券)
定員:40名
主催:Event Salon実行委員会
共催:Peatix, tsukuruba inc.
—————————————————————————————


(文章:矢口あやは)




 
co-baEvent Salonは、co-baの協力の元運営されています。会場となる「co-ba library」は、渋谷のシェアードワークスペース「co-ba」の上の階につくられた、シェアライブラリー。誰かの本棚を見て、その人の趣味・趣向がおもしろいと思った事はありませんか?ここは作家別でもジャンル別でも時系列別でもない、本の提供者別に個性的な本棚が並ぶ、みんなでつくっていく「図書館」です。「co-ba library」は19時以降、イベントスペースとして利用できます。靴を脱いで使うリラックスした空間の中で、本に囲まれながらの様々な催しが企画できます。少しアカデミックな雰囲気、カルチャーに近い雰囲気のなかで新しい時間を生み出してみませんか。 co-ba library >>問い合わせ/「co-ba library」を利用する

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で