イベント集客のコツ vol.8 「申込加速期(開催日直前1週間)は、一気にイベント集客!」

イベント集客のコツ vol.8

こんにちは、Peatixイベント集客サービス担当の畑です。連載でイベント集客の成功に向けたコツをご紹介しております。

第8回目は「申込加速期(開催日直前1週間)は、一気にイベント集客!」です。

この申込加速期(開催日直前1週間)は、申し込みがもっとも増える時期です。この時期はターゲットへ一気に集客することが大切です。この時期の告知が、参加数に大きな影響を及ぼします。具体的にどのような集客をすべきかご説明します。

▼目次
1.申し込みが加速する理由
2.イベントを告知するターゲットは?
3.効果的な集客方法

1.申し込みが加速する理由

この時期に申し込みが加速するもっとも大きな理由は、参加者のスケジュールが確定するためです。大切な予定でない限り、先のスケジュールは決まっていない方が多いと思います。

1週間前になると、仕事やプライベートの予定が確定します。気になっていたイベントに参加できるかどうかもこのタイミングに決める方が多いです。時間が空いているからイベント参加と考える方が、この時期にイベントをチェックします。
日時別イベント参加数グラフ_ラスト1週間

2.イベントを告知するターゲットは?

◆既にイベントをチェックしている方に告知

これまでイベントを公開して約1ヶ月〜1ヶ月半の間に、たくさんの方がイベントページをご覧になっていると思います。イベントに興味を持っている見込みユーザーです。イベントをすっかり忘れている方もいらっしゃいますので、この方々への告知がまず最優先です。


◆イベントに興味を持つ方に告知

過去に参加したイベントの内容によって、その人の興味・関心がわかります。「日本酒のイベント」に参加したことがある方は、「お酒」に興味を持つ傾向があります。主催しているイベントに興味を持ってもらえそうな方をターゲティングして告知をすることが大切です。


3.効果的な集客方法

◆イベントを既にチェックしている方への告知

イベントページをお気に入り登録している方々に告知するのが一番効果的です。

Peatixでイベントを公開いただいている方は、「ウォッチリスト」という機能がご利用いただけます。Peatixの会員様は気になったイベントをその都度登録します。イベントの開催日が近づいたり、売り切れ間近になると、登録者に自動的にメールがプッシュ通知されます。


◆イベントに興味を持つ方への告知

大きな2つの方法がございます。1つ目は、主催するイベントのテーマと同じものに参加された方をターゲティングしてメールなどで集客する方法です。2つ目は、興味を持ってくれそうな方々が、多く閲覧する場所の目立つところにイベントを告知することです。

Peatixでは「イベント紹介メール」や「検索カテゴリー上位掲載」など、イベント集客サービスをオプションでご提供しています。

「申込加速期(開催日直前1週間)」のターゲットと集客方法をしっかり理解して、イベント集客を成功させましょう!

<関連する記事>

「イベント参加者の気持ちを知ろう!」

「イベント名はとても大切!」

「カバー画像はイベントの顔!」

「イベントページが集客を左右する!」  

「イベント集客は計画的に実施しよう!」

「イベント公開直後の集客は既存ユーザーにフォーカス!」

「申込停滞期(公開後2〜4週間)は、こまめなイベント集客を!」

「セミナー参加率をあげる5つのポイント」

「セミナー集客は月曜日の夜が最適!」

[無料提供中!] データで紐解くイベント集客のコツ

Peatixイベント集客サービス

Peatixイベント集客サービス

あなたのイベントに合ったターゲットをPeatixユーザーから選定!
「イベント紹介メール」やアプリやサイトの「おすすめイベント掲載」など、最適な集客方法をお選びいただけます。
詳しく見る >

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
イベント集客・告知. permalink.
畑 洋一郎(Yoichiro Hata)

Peatixでイベント集客サービスを担当しています。年間3000以上のイベント・セミナーの集客に携わっています。イベントのキャッチコピーから、イベント告知ページや告知期間など、集客に関わる様々なご相談にアドバイスさせて頂いています。イベント集客に関わるご相談はお気軽にどうぞ!お問い合わせはこちら