イベント集客のコツ vol.2 「イベント名はとても大切!」

イベント集客のコツ vol.2

こんにちは、Peatixイベント集客サービス担当の畑です。連載でイベント集客の成功に向けたコツををご紹介しております。

第2回目は「イベント名はとても大切!」です。前回のブログでご紹介した、イベント集客のコツの「押さえておくべき5つのステップ」の”興味”にあたります。

イベント参加動機_興味
【興味】このイベント面白そう!(タイトル・カバー画像)

▼目次
1.イベント名で印象が変わる
2.イベント名をつける上でのポイント
3.アプリ対応も忘れずに

1.イベント名で印象が変わる

イベント名はキャッチコピーです。安易につけてしまいがちですが、名称ひとつでかなり印象が変わります。

CMなどの広告もキャッチコピーには手間をかけますよね。コピーライターという職業があるくらいですので、その重要さはお分かりになるかと思います。

早速ですが皆様に質問です。

私が「イベント集客セミナー」を開催するとします。下記のどちらに参加してみたいですか?

A:主催者のための「イベント集客セミナー」

B:[参加無料/特典]イベント集客の達人が教える!”なぜあのイベントは人で溢れているのか”

さて、いかがでしょうか?

恐らく、AよりもBに参加したいと思う方が多いかと思います。

なぜでしょうか。まずは名称から思い浮かべるイメージをそれぞれ書き出してみましょう。

Aはなかなかイメージしずらいですが、

”場所はビルの会議室、数人の参加者を前にダークスーツを着た講師が登壇してイベントをしてる。なんだか堅苦しい感じがする。”

一方でBはどうでしょうか。名称を読むと同時に頭の中に場のイメージが湧いてきませんか?

”明るく開放的なイベントスペースにたくさんの人が集まっている。登壇者の素性はよくわからないけど、なんとなく明るい印象。参加者とコミュニケーションも活発そう。”

Event Salon(イベントサロン)vol.8 の模様
[ 2015.10開催 EventSalon vol.8 の模様 ]


同じ内容のイベントでも「名称 」で印象が大きく変わることがご理解頂けると思います。



2.イベント名をつける上でのポイント

ポイントは、イベント名を読んですっとイメージできることです。会場の雰囲気だったり、ワクワク感であったり、参加した後の効果がイメージできること。参加したいなと思ってもらえることが大切です!

あわせて、無料であれば必ずタイトルに”参加無料”と入れておきましょう。申込率が高くなる傾向があります。また、参加者特典があれば、それもイベント名にも含めてください。



3.アプリ対応も忘れずに

多くのPeatixユーザーの方は、スマートフォンアプリでイベントページをチェックします。文字数も重要な条件です。

スマホの画面サイズによっても異なりますが、表示される文字数が限られています。半角を使いながら、なるべく短く、名称の前段にキーワード(例:”イベント集客”)を配置するように心がけてください。45文字以内に収めるのがおすすめです。

安易に「〇〇セミナー」という名称つけてはいけません。ぐっとこらえて考えてみましょう。イベント名を少し工夫するだけで魅力的なものに早変わりします!是非参考にしてください。

次回は、「イベントのカバー画像について」です。どうぞお楽しみに!

<関連する記事>

「参加者の気持ちを知ろう!」

「カバー画像はイベントの顔!」

「イベントページが集客を左右する!」  

「イベント集客は計画的に実施しよう!」

「イベント公開直後の集客は既存ユーザーにフォーカス!」

「申込停滞期(公開後2〜4週間)は、こまめな集客を!」

「申込加速期(開催日直前1週間)は、一気に集客!」

「セミナー参加率をあげる5つのポイント」

「セミナー集客は月曜日の夜が最適!」

 

Peatixイベント集客サービス

Peatixイベント集客サービス

あなたのイベントに合ったターゲットをPeatixユーザーから選定!
「イベント紹介メール」やアプリやサイトの「おすすめイベント掲載」など、最適な集客方法をお選びいただけます。
詳しく見る >

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
イベント集客・告知. permalink.
畑 洋一郎(Yoichiro Hata)

Peatixでイベント集客サービスを担当しています。年間3000以上のイベント・セミナーの集客に携わっています。イベントのキャッチコピーから、イベント告知ページや告知期間など、集客に関わる様々なご相談にアドバイスさせて頂いています。イベント集客に関わるご相談はお気軽にどうぞ!お問い合わせはこちら