Event Salon #2 参加者の"五感"を刺激するイベントの作り方 開催レポート

2月13日、前回の好評を受けて「Event Salon」第2回が開催されました。

“場づくりをする人たちの場”として誕生した「Event Salon」は新しい時代のイベントを表現するテーマを設定し、そのテーマに沿ったゲストスピーカーをお招きするトークライブ&交流会。今回も様々な形でイベントに関わる方々にご参加いただき、立ち見が出るほどの盛況ぶりとなりました。会場は前回と同じく渋谷「co-ba」。「ツクルバ」が運営するシェアードワークプレイスです。


2回目となる今回のテーマは「五感」

SNSの普及などによってオンラインで人と繋がることがより簡単に、自然となってきた今だからこそ「感性を刺激する感覚的なもの」を人は求めているのかもしれません。イベントを体験した人だけが得ることのできるリアルな刺激と感動。その価値を生み出すアイデアや視点はどこにあるのか。今回も様々な視点でイベントを行っているゲストをお招きして、人気イベントの生い立ちから今後の展望まで、大いに語っていただきました!

今回のゲストは以下の方々。
青江覚峰さん・・・「暗闇ごはん」
大石亮さん・・・「沈黙フェス」
土井昌徳さん・・・「SUPER EYE」
戸田淳さん・・・「ニコファーレ」
五味弘文さん・・・「お化け屋敷プロデューサー」

5名の方々の手がけるイベントはそれぞれ個性的で、まさに「五感」に訴えるアイデアに満ちていました。「体験価値」と一言では語り尽くせない様々な視点と仕掛けは、今後イベントに関わる人たちには多いに響くものだったと思います。一見バラバラに思えるラインナップでありながら共通する視点もあったりして・・。参加者だけでなく登壇者の方々同士も沢山の刺激を持ち帰られていたようでした。

各登壇者のレポートは次回以降、こちらのブログで更新していきますので乞うご期待!

そして今回もトークの後は交流会。ケータリングを担当していただいたのは「合同会社ctl」のキムラさん。「五感」というテーマを受け、日本食ならではの繊細な味と香りを楽しんでほしいと、素材にこだわった和食をご用意いただきました。

おいしい料理にお酒も振る舞われる中、様々な場所で人の輪が広がっていきます。ゲストの方も参加者の皆さんも、終止笑顔。イベントで受けた刺激を肴に会話が弾みます。「Event Salon」で出会った仲間同士やアイデアによって、また新しい何かが生まれていくような。そんな楽しい予感に溢れた夜。

次回第3回もどうぞお楽しみに!

—————————————————————————————————————
第2回 「Event Salon」 開催概要
日時:2014年2月13日(木)19:30-22:00(開場19:00)
場所:co-ba(コーバ)(6F co-ba library)
参加費:3,300円 ※交流会参加費込(軽食・ワンドリンク付)
定員:40名
主催:Event Salon実行委員会
共催:Peatix, tsukuruba inc.
—————————————————————————————————————

(文:濱谷俊輔)

あのイベントを始めたきっかけは?イベントをやって何が変わった?
ユニークなイベント主催者の話から、あなたの活動へのヒントを探しに来ませんか?

イベント主催者のためのイベント「イベントサロン」
定期的に開催中!

イベントサロンのグループをフォローすると次回開催のお知らせをお届けします

イベントサロンのグループをチェックする!


 
co-baEvent Salonは、co-baの協力の元運営されています。会場となる「co-ba library」は、渋谷のシェアードワークスペース「co-ba」の上の階につくられた、シェアライブラリー。誰かの本棚を見て、その人の趣味・趣向がおもしろいと思った事はありませんか?ここは作家別でもジャンル別でも時系列別でもない、本の提供者別に個性的な本棚が並ぶ、みんなでつくっていく「図書館」です。「co-ba library」は19時以降、イベントスペースとして利用できます。靴を脱いで使うリラックスした空間の中で、本に囲まれながらの様々な催しが企画できます。少しアカデミックな雰囲気、カルチャーに近い雰囲気のなかで新しい時間を生み出してみませんか。 co-ba library >>問い合わせ/「co-ba library」を利用する

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
Event Salon, Featured, イベントレポート, イベント事例. permalink.