福岡アジア アートウィーク the finders 2019 開催決定 〜Peatixが企画制作・PRパートナーとして参画。写真展@福岡市科学館 公募作品募集開始のお知らせ〜

 

Peatixは、アート・音楽のカルチャーシーンで活動する次世代アーティストを福岡から発信する新しいアートイベントプログラム「福岡アジア アートウィーク the finders 2019」が2019年2月23日〜3月2日に開催されることをお知らせいたします。

本企画では、「the finders 2019」内にて福岡市科学館で行われる写真展の作品もあわせて募集されます。

 

福岡アジア アートウィーク the finders 2019 公式サイト

福岡アジア アートウィーク the finders 2019

 

福岡アジア アートウィーク the finders 2019について

福岡アジア アートウィーク the finders 2019 は、福岡がアジアの文化芸術のハブとして機能し、アジアのアート・音楽 ・カルチャー、エンターテイメントを日本と世界に発信するニュータイプの官民一体型、次世代アーティスト創出のイベントプログラムです。

 

本イベントは、アートや音楽になじみのない市民の皆様にも興味を持っていただけるよう、福岡市科学館、福岡アジア美術館、六本松蔦屋書店などの福岡市内各所パブリックスペースをメイン会場に開催いたします。

 

日本国内はもちろん、タイ、台湾、 中国からもアーティストを招聘し、国内外のアーティストとの共同エキシビション、パフォーマンス、レクチャーなどを企画しており、福岡から世界へ発信できるイベントを目指しています。

 

イベント概要

日程
2019年2月23日(土)〜3月2日(土)

 

場所
福岡市科学館、福岡アジア美術館、六本松 蔦屋書店 など

 

内容

• レクチャー石渡健文氏 (マガジンハウス取締役/ポパイ、カーサブルータス発行人) 他

• アート展示 ハービー・山口 個展 他

• ライブ the perfect me 他 など

 

チケット
一部有料エリアあり
詳細・申込み:https://fukuoka-thefinders.peatix.com

*準備が整い次第申し込み受付を開始しますこちらのURLからグループページを「フォロー」しておくと、イベントの告知・申し込みが開始されたときに通知を受け取ることができます。

 

主催
クリエイティブ・ラボ・フクオカ
ミリア株式会社

 

企画制作・PRパートナー
Peatix Japan株式会社

 


ヒットメイクやスターメイクに実績のあるメンターや、若手仕掛け人が福岡で多数のレクチャーを開催。エキシビションや音楽ライブも同時開催

これまでも、福岡は数々のスターやヒーローを世の中に送り出してきました。本イベントは、経済や観光で注目を集める福岡が、いま一度、日本とアジア、世界に文化・芸術を発信するための試みです。イベントを通して、様々なエンターテインメント・クリエイティヴ人材が交流し、福岡のエンターテイメント業界の盛り上がりや、新しいアーティストの発掘につながることを目的としています。

 

イベントプログラム詳細

*内容は変更になる場合があります


Lecture

  • • ハービー・山口 (写真家)
    「写真と心のサイエンス」

 

  • • 山口一樹 (前ユニバーサルミュージック制作部長 <椎名林檎、RADWIMPSプロデューサー>) × 冨田恭通 (前エイベックス プロデューサー 浜崎あゆみ担当)「椎名林檎と浜崎あゆみ、スターメイクの臨床学」

 

  • • 福島龍太郎 (音楽コンシェルジュ) × 小宮大輔 (coconofest 主宰)

「Spotifyが見通す音楽、音楽フェスの発明学」

 

  • • 石渡健文 ( マガジンハウス取締役/ポパイ、カーサ ブルータス発行人 )
    「『雑誌×ファッション×アート』を科学する」

etc.

 

ART EXHIBITION

  • • ハービー・山口 @六本松 蔦屋書店
  • • 写真展 “平成時代の24時間”   @福岡市科学館
  • • 福岡、九州、アジアの若手作家によるグループ展示 @福岡アジア美術館
  • • fan zine (カルチャー 同人誌)の展示 @福岡アジア美術館

etc.

 

MUSIC

  • • the perfect me (2018年 アジアンピックス優勝、2019年サウス・バイ・サウスウエスト招聘)

etc.

 


公募写真展@福岡市科学館の作品を募集!あなたも作品を応募してみませんか?

プロ・アマを問わず、「”24hours in Heisei” /平成時代の 24 時間」をテーマに作品を募集いたします。 写真部門、動画部門、それぞれの入賞者は、福岡市科学館企画展示室にて作品が展示されます。

 

▶作品募集要項 詳細
https://fukuoka-thefinder2019-entry.peatix.com

 

応募締切 / 発表 
2019年1 月 15 日 ( 火 ) まで、2 月初旬発表 (応募 メールアドレスに直接通知 ) 予定

 

審査委員長

  • 写真家    ハービー・山口氏

 

審査委員    

  • 池谷修一氏  (アサヒカメラ編集部)
  • 南原尚幸氏   (六本松 蔦屋書店 館長 )
  • the finders2019実行委員会
  • 石渡健文氏 (マガジンハウス取締役 ポパイ、カーサ ブルータス発行人) 他

 

▶ハービー・山口氏 プロフィール
大学を卒業後渡英し、ボーイ・ジョージ他多数のロンドンのミュージシャンと交流を持ち、帰国後はBOØWYや中山美穂、桑田佳祐などのCDジャケットを手がけたり、ラジオDJやエッセイを出版もした。たくさんの音楽家に慕われ、音楽アーティストの写真集の撮影を担当。

http://www.herbie-yamaguchi.com/

 

公募作品展についてのお問い合わせはこちらから
entry@finders2019.com

 


 

Peatixの福岡におけるこれまでの活動

Peatixはこれまで、イベント・コミュニティ活動が盛んな福岡を一緒に盛り上げていくため、福岡のイベント・コミュニティの魅力を伝える特設サイト「Create our Fukuoka」を開設したり、福岡のイベント・コミュニティの応援キャンペーンなどを行い、福岡のイベント・コミュニティシーンでいくつかの取り組みをご一緒してきました。

今回も、福岡での新たなプロジェクトに共感し、文化・芸術の発信をサポートいたします。

 

福岡応援​キャンペーン vol.3

Peatixは、福岡アジア アートウィーク the finders2019の開催決定を記念して、キャンペーンへのお申込みのあった「福岡県内で開催されるアート/音楽イベント」に対して、Peatixの決済処理費用​(売上×4.9%+¥99/1枚)​ を「4.9%のみ」で提供いたします。

*詳細は追って告知いたします

 

[これまでの主な取り組み]

電子チケットのPeatix、福岡市科学館での導入決定 ー 福岡市の行政運営施設での初導入事例、ドームシアターイベント「STARRY NIGHT JAM(スターリーナイトジャム)」から利用開始 ー

 

Peatixが2018年福岡市アジアンパーティをPRパートナーとして支援。アジアマーケットへのPR協力を実施

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
お知らせ, プレスリリース. permalink.
Peatix

Peatixは、誰でも簡単にイベント管理、チケット販売・集客が行えるウェブサービス・モバイルアプリです。イベント主催者は、審査や手数料を負担する事なく、ユーザー登録後すぐにチケット販売が可能、参加者はウェブやモバイルアプリを通じて、発券手数料を負担することなくチケットを購入することができます。2013年にグッドデザイン賞を受賞、日本をはじめ、アメリカ、シンガポール、マレーシアなど27カ国で多くのユーザーに支持されています。