イベント主催者が花粉症に悩む参加者にできる3つの気遣い

[one_half]最近、猛威を振るっている花粉症。悩んでいる方も多いようです。今回は花粉症の参加者でもしっかりとイベントに集中できるようにするために、イベント主催者が花粉に対策できるポイントをご紹介いたします。
  1. 会場は閉めきっておく

    visualpanic / Foter.com / CC BY
    まず、会場に着き次第窓やドアはなるべく早く、閉め切ってしまいましょう。トイレなども小窓が空いていることが多いので、見逃がさないように注意して下さい。また、飲み物や軽食などを建物の中で用意することで、入場後に参加者が外にでる用事を減らすことができます。出入り口に扉は開けたらすぐ閉めるようにお願いした張り紙を貼るのも効果的です。
  2. 空気清浄機を用意する

    JD Hancock / Foter.com / CC BY
    用意できれば、会場内には空気清浄機を設置しましょう。空気清浄機は置く位置により効き方が違います。延長コードを用意して、最適な位置におくようにしましょう。参考記事:空気清浄機の能力を生かすベストポジション
  3. マスクを配る

    rasmuscleve / Foter.com / CC BY
    花粉症の参加者がつらそうな場合はマスクを配りましょう。まとめて購入すれば1枚4〜5円ほどで購入できます。受付等に用意し、必要な方は自由に取ってもらうと良いでしょう。 参考記事:3層プリーツフェイスマスク 50枚セット(箱入りタイプ)
  花粉症の辛さは、そうでない人には中々伝わらないもの。対策をしっかりおこなって、皆にイベントを楽しんでもらいましょう! なにか他のアイデアがあれば是非、facebookグループイベント主催者の集い にて教えてください!  

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で