【Mid Blue 異業種交流会イベントレポート】

  3月8日木曜日、六本木GALLERYにて、Mid Blue 異業種交流会」が開催されました。 主催は、数々の異業種交流会を主催している(株)SPICE SERVEさん。 この日のイベントは、平日かつ雨という事もありましたが、50人にのぼる参加者がこの会場を訪れました。 Mid Blueさんは、「人生が加速する機会、新しいLifeStyleを提案する」と いうテーマのもと月間20本程のイベントを企画運営しています。 参加者の多くは、社会人、そしてその社会人と知り合いたい学生。   目的は「ビジネスパートナーを探したい」「同業種の仲間を見付けたい」「婚活の相手を探したい」「趣味が合う仲間を見付けたい」等、それぞれあるものの、「婚活パーティ」や「お見合いパーティ」等の目的がはっきりしすぎているイベントだと、「いかにも」という感じがして参加に及び腰になってしまうケースが多いとの事。   今回の「異業種交流会」のように、汎用性が高いイベント名の方が、様々な目的のもと、多種多様な方が集まり、新しい発見をする可能性が彼らの醍醐味にもなるそうです。   実際にリピート率も高いようで、同席して知り合った方の実に8割以上は、初めての参加者ではありませんでした。   以下、細かい点ではありますが、今回のイベントで感じた良い点は、 1)エントランスでのオペレーションがスムーズ → 社会人ニーズが高いこともあり、領収証の対応など入場のオペレーションがとても早かった。 2)システムを熟知した常連の方が初参加者をサポート → 初めて来た参加者にも、「こっちのテーブルへどうぞ」等、やさしく声掛けをしてくれる方が場を和ませてくれました。   また、何人かの参加者から生の声を伺うと・・・   「今日は平日で雨が降ってしまったが、金曜土曜の Mid Blue は特にすごい。次の日を気にしなくても良いので、続々と仕事が終わった人達がやってくる」   「会社帰りに気軽に行けるし、今ではその場に行けば誰か顔見知りがいるようになった」等、   20時から始まることも、都内に勤める社会人の参加を後押しする要因のようで、社会人比率の高さを垣間見ることが出来ました。   <仕事終わりに3人で来たという男性グループは、このイベントの常連> 仕事終わりに、食事も出来て、尚且つ乾杯しながら、気軽に他社の人達と知り合う事が出来るところが、一番のポイントだという。 中でもグレーのスーツでパリッと決めたA氏が   「新規の取引先は出来るものの、恋人は未だ出来ていないので、今月は全イベントに出席します!」と熱く語る場面も。   今後も色々な異業種交流会に参加し、その運営成功のポイントなどを共有していきたいと思います。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
イベントレポート, イベント事例. permalink.