幹事・イベント主催者必見!イベントをもっともっと魅力的にするケータリングの3つのアイデア

ケータリングの役割は、参加者のお腹を満たすことのみではありません。今回はもっともっとイベントを魅力的にするケータリングの3つのアイデアをご紹介します。

1. 大皿のとりわけ料理で、参加者の自然な交流を生みそう!


参加者同士仲良くなってほしいときは、ぜひケータリングを工夫してみてください。例えば大皿の料理を出せば、参加者間で料理を取り分ける際で自然な形での「ありがとう」が発生します。ビールを瓶で出せば、互いに「注ぎあうコミュニケーション」が発生します。料理を通じてのささやかな参加者間の接点を作ることで、参加者同士の自然な交流を生み出すことができます。

2. おしゃれな料理で、会場を演出しよう!


ケータリングは会場の華やかな雰囲気を演出するのにも役立ちます。彩り豊かな食材や旬の味覚を使った料理を並べれば、季節感のある華やかさが会場いっぱいに広がるでしょう。ケータラーと相談し、イベントの雰囲気にあったケータリングを準備しましょう!

3. ロゴを旗にプリントして、参加者にメッセージを伝えよう


ケータラーに頼めば、参加者に伝えたい内容も料理で表現してくれます。ロゴマークの形のケーキをつくったり、メッセージがプリントされたミニフラッグを刺したりすれば、参加者にも自然にロゴやメッセージが伝わります。可愛い料理の写真はFacebookにアップロードもされやすいので、ソーシャル上で拡散も狙えます。

さて、そんなケータリングの魅力を体感してもらうべく11月14日(木)には 「幹事、イベント主催者 必食!インディーズケータリングフェス2013 powered by Peatix」が開催されます。約20組のケータラーが一同に会するのはこの機会だけ。ぜひ彼ら自慢のケータリングをぜひ食べに来てください!

インディーズケータリングフェス2013 powered by Peatix に参加する!≫ http://ptix.co/16uWBdx

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
p, イベント主催ノウハウ, イベント企画. permalink.