More than a ticket〜モバイル強化、アメリカ&シンガポール版正式オープン 〜シリーズA資金調達のお知らせに寄せて



報道関係者各位には先ほどこの正式にプレスリリース(PDF)を配信しましたが、ここではこの一大事を噛み砕いて僕ら自身の言葉で説明します。長い交渉、調整の末、弊社もついに300万ドルのSeries A資金調達を実施しました。弁護士からの請求書が届くのを固唾をのみながら待っているところです。

前回、森の中から出て来て「チケット販売手数料2.9%+70円/注文へ値下げ」を発表しましたが、その後PeaTiXを利用するイベントが急増し、遂にその数が累計一万イベントを超えました。「PeaTiXのお陰でイベントを実施できた」「助かった」というお客様の声を聞くことが何よりの喜びです。引き続きお手頃な販売手数料や使いやすいUIを押し進め、より多くのイベントで使って頂けるよう邁進していきます。



さて、この度の資金調達ですが、目的は主に二つです。“More than a ticket” (“mas un billete” ← バルサっぽく)のスローガンを新たに掲げ、モバイルを通してよりイベント体験を充実化させること。そして海外進出を押し進めること。

モバイルですが、PDFチケットを印刷する旧来のやり方とは違った、「モバイル=チケット」の戦略をより強く押し進めます。環境に優しいだけでなく、イベント参加者間の交流など、イベント体験を充実化させる多くの便利機能をモバイルを通して提供できるからです。紙チケット業者と同じことをやっても仕方ありません。チケットの新たな可能性を提示していきます。

そして海外進出。新たにニューヨークとシンガポールに拠点を作り、米国および東南アジア市場に進出します。虚勢を張ってるわけでもなく、実際、僕はこのブログをニューヨーク(←HIROMI GOっぽく)で書いていますし、シンガポールには同志の竹村が既に駐在し、各オフィスでの採用も着実に進めています。そして本日、米国シンガポールでのサービス開始を発表しました。簡単ではないし、多くな困難が我々を待ち受けていると思います。だが「僕らが出来なくて誰が出来る!」というあまり根拠の無い自信と大和魂を胸に抱きつつチャレンジしていきます。



今回のリードを取ってくださったFidelityと各投資家の皆様、従業員、家族、友人、競合各社(あなたがいるから頑張れるのよ)、そして何よりお客様に改めて感謝の意を表します。尊敬するジェフ・ベゾスが言う通り、It’s still day one・・・どころか、It’s still day zeroですね。これを新たな節目として更に便利なサービスを提供できるよう一同で精進して参ります。弊社マーケティング担当の庄司が「いやあ、イベントっていいですねえ」と徳利を手にいつも言っていますが、いや本当にいいもんです。人と人が一つの場に集まって様々な感情や考えを交換し合うこと。こんな場を手助け出来ることが僕らにとっての幸せなのです。

今後もPeaTiXを宜しくお願い致します。
Peatix Inc. CEO原田卓

(本件に関するプレスリリースはこちら


【まだPeaTiXをお使い頂いたことのないイベント主催者、幹事の皆さまへ】
現在PeaTiXでは、初回の利用に関して決済手数料を無料でご利用頂くキャンペーンを実施しています。
まだPeaTiXをご利用されたことが無い方は是非一度ご利用ください!ちょっとした飲み会からライブ、セミナー、同窓会など様々なイベントにご利用頂けます!
>>シェアで PeaTiX のチケット販売の決済手数料が完全無料に!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で