コミュニティと歩んだ10年間。次の10年もコミュニティのために。

2021年5月12日、Peatixはサービス開始10周年を迎えました。これまで私たちのサービスを活用してイベント・コミュニティ活動を続けてきてくださった皆さまのおかげです。本当にありがとうございます。

 

非常にシンプルなチケットサービスとして開始したPeatixですが、事業形成の初期段階で本サービスの真髄は集いやコミュニティづくりを後押しすることにある、と気づいたことが弊社の成長に繋がりました。人々のつながり方がますます拡大・多様化する世の中においてPeatixができることがまだまだ多くあると感じています。より良い社会作りに貢献できるよう今後も邁進していきます。

Peatix Inc. CEO 原田卓

 


 

ユーザー数620万、コミュニティ数11万件。イベント・コミュニティサービスとして定着

 

チケットサービスとして誕生してから10年、Peatixはイベント・コミュニティを楽しむ皆さまのために様々な機能開発を行ってきました。コミュニティを運営する皆さまのニーズに応えながらサービスを進化させ、現在は620万人のユーザー、11万のコミュニティがPeatixを使ってくださっています。

 

 

 

多様なコミュニティが集まるプラットフォームに

Peatixには、エンターテインメントからライフスタイル、スキルアップ・ビジネスまで、幅広い分野の様々なジャンルのイベントが集まっています。

 

 

会えない状況でも、つながりを絶やさない。オンラインへ広がったコミュニティ

2020年、新型コロナウイルス感染拡大により、人と人が直接会う活動が制限され、今もなお以前の状況には戻っていません。しかし、コミュニティの活動の場はオンラインに広がり、人と人はつながり続け、オンラインならではのコミュニティが生まれています。

 

これからもコミュニティのために

Peatixはこれからも、コミュニティに関わる皆さまのためにサービスを運営していきます。

Peatixコミュニティガイドライン

コミュニティを扱う事業者として、Peatixは、このプラットフォームを使ってくださるすべての皆さまが、自分らしく、お互いを大切にし、安全な空間で活動ができるように行動する責任があると考えています。

このたび10周年を迎えることを機に、Peatixの価値観・行動指針を明らかにし、全てのユーザーの皆さまにどのようにこのプラットフォームを使っていただきたいかを示すガイドラインを策定しました。

Peatixコミュニティガイドライン:全てのユーザーの皆さまがお互いに安心してイベント・コミュニティ活動を楽しむための大切な指針

 

Peatix Live セルフサービス版リリース

新型コロナウイルスの拡大を受け、アーティスト・パフォーマー・クリエイターの皆さんは引き続き苦境に立たされています。

 

オフラインでのライブは開催しづらい状況、かといって高度な機材を組み合わせたオンライン配信は難しい、いくつかの配信サービスは高価で手が出ない…。そんな悩みを持つ方々に、Peatixが高画質・高音質のオンラインライブ配信サービスをセルフサービスで提供します。

 

Peatix Liveをご利用いただくと、イベントの集客・チケット販売から配信、コミュニティ醸成まで一気通貫してPeatixで行っていただけます。620万人のPeatixユーザーへイベントを訴求することができ、 海外ファンへの告知・配信も可能です。

 

多くのアーティスト・パフォーマー・クリエイターが高品質なライブ配信を行うことができるようになり、視聴者の皆さまも自分の好きなクリエイター、アーティストのライブを楽しめる。そんなサービスを2021年6月にリリース予定です。

 

 

Peatixが生まれてから、まだ10年。やるべき事がまだまだたくさんあると考えています。これからも、イベント・コミュニティ活動を楽しむ皆さまのそばで、一緒に頑張らせてください。これからもどうぞよろしくお願いいたします。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
お知らせ, プレスリリース. permalink.