ケータリングフェス2013を終えて。 平井巧



11月14日(木)、「インディーズケータリングフェス2013 powered by Peatix」を無事に開催することができました。ご参加いただいた皆様、出店されたケータラーの方々、本当にありがとうございました。

今年の4月、東京外苑前で行われた「ケータリングバトル2013」が大盛況のうちに終えたのと同時に、ケータリングがもつポテンシャルに可能性を感じ、「人が集まる場にケータリングは必要不可欠な時代になる!」と感じ始めました。

その想いを、ケータリングを必要としている方や、ケータリングを知らない方両方に感じてもらうため、ケータリングを体感し直接交流していただくのが一番だと思い、「インディーズケータリングフェス2013」を開催することになりました。

「これから活躍していくケータラーにスポットライトを当てる」ことをコンセプトに、各ケータラーと直接打合せを重ねて、一組一組の個性と特長を引き出しメニューやブースづくりに活かしてもらいました。そのため参加者からは、料理が美味しかったという声とともに、ブースが華やか、盛付けが斬新、ケータラーさんの笑顔でこちらも楽しくなる、などのご意見をいただきました。そこに、雑誌やウェブだけでは決して生まれない、ケータラーと参加者の間のリアルなコミュニケーションが生まれ、実際にその場でケータリングを発注されている方々もいらっしゃいました。

これからウェブサイトやFacebookなどを通じて、当日の様子を公開していきます。ぜひ個性豊かなケータラーのメニューやブースをご覧になってください。そしてそれぞれが関わる場作りなどに、「ケータリングをお願いすること」を選択肢の1つとして入れていただけると嬉しいです。

インディーズケータリングフェス2013実行委員会 平井巧

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
Event Salon, Featured, p, イベント事例. permalink.