窮地からの脱出!イベント当日持ってて良かった小物リスト10

イベント当日の持ち物は、チェックリストを作るなどして管理するのが基本ですが、それでも予想しなかったアクシデントが発生するのがイベントです。もしものときのために、持っていると何かと便利な小物をいくつかご紹介します。
    • 養生テープ
床に伸びているケーブルを固定したり、案内の紙を壁に貼るのに重宝します。ガムテープでも良いですが、透明な養生テープは目立たず、イベント終了後に簡単に剥がすことができます。例:オカモト 養生用PEクロステープ
    • ビニールテープ
展示物を貼り付けたり、ちょっとした修理に使えます。ビデオカメラの三脚を忘れたとき、壁やテーブルにカメラを固定するのにも使えます。
    • USBメモリ
プレゼンテーションや、発表資料を登壇者から受け取るのに使います。前もってメール等でファイルを受け取っていても、当日何かの変更があるかも知れません。汎用性の高いMS-DOS(FAT)形式でフォーマットしたものを用意しておきましょう。
    • A4/A3のコピー用紙
真っ白い紙を数枚ずつ用意しておくと、会場の案内板や、進行用の「カンペ」(「残り3分」などと書いて、登壇者に見せる)、登壇者のネームプレートや、受付のイレギュラー処理用のメモなどに使えます。
    • 太字の油性ペン
案内を書くためのに使える他、懇親会のときに、自分の飲み物に名前を書いてもらうときも重宝します。
    • 延長コード
プロジェクター、PCの他、携帯を充電するためにも使えます。少し長めのものを2〜3本持っておくと安心です。
    • USB充電器&携帯充電コード
コンセントに挿し込み、USBで電源を取り出せるアダプタです。携帯やWifiルータなどを充電するときに使います。多くの人が持っているiPhone用のケーブルや、コンビニなどで買うことができる汎用充電コードも併せて持参すると、充電が切れたスタッフにとても感謝されます。
    • 色のついた大きめの付箋数種類
ストラップに貼り付けてネームカード代わりに使用したり、チーム分けの目印などに使えます。受付でのメモや、ワークショップのアイデア出しにも活用できます。
    • クリアファイル
配布物を一時的にまとめたり、当日決済の現金や、受付で集めた名刺を整理するためにも使えます。
    • 領収書
参加費を払うイベントで必ず発生するのが、領収書発行依頼。当日いきなりリクエストされることもしばしばなので、受付に1冊は準備しておきましょう。   また、当日現金のやりとりが発生するイベントで気をつけて頂きたい点もあります。
    • おつり
結構あるのが、おつりが足りず、ギリギリでコンビニなどに走りにいくケースです。事前決済をしておけばその問題が減りますが、おつりが必要なばあいは、前日までに銀行で、十分なおつりを準備しておきましょう。また現金の保管のためのプチ金庫もお忘れなく!
    • 記録をとるノートや紙
イベント終了後に、「あれ、現金と入場人数が合わない!」と慌てない様に、当日現金払いの方の記録を書き留めておきやすいシートかノートを準備しておきましょう。事前決済が中心のイベントの場合、現金対応は1チーム(お金の事なので、出来れば2人1チーム)で管理する流れにしておくのも、トラブル防止に良いアイデアです。   また、我々は Mac ユーザーなのですが、プロジェクターの変換ケーブルが無いとギリギリで慌てます。登壇者がいらっしゃるイベントでは、主催者側で1つ持っておくと、当日慌てる事が少なくてすむかもしれません。   他にもイベント当日に持ってて助かった小物があれば、コメントやFacebookで教えてください! リストを皆さんの力で膨らませていきたいと思います!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
Featured, イベント主催ノウハウ, イベント運営. permalink.
高専時代はバンド活動に明け暮れ、大学時代はクラブの専属PAとして毎週パーティーの裏方を経験。PeatixではGrowth TeamのManager. 「イベント主催者のための活動をしている」という口実の元、様々なイベントに自分自身が参加して楽しんでいます。「イベント主催者のためのイベント」EventSalonの主催者で、オープンデータを推進するOpen Knowledge Foundation Japanや、お金が使えない、自由&自己責任のアートフェスBurning Japanの活動も。