WOMサミットに学ぶ、3つのちょっとした工夫でお客様満足度向上

開催から少し日があいてしまいましたが、5/14に開催されたWOMマーケティングサミット2012に参加してきました。 サミットの内容はOrinocoブログに掲載(5分で分かるWOMマーケティングサミット2012ハイライト)しましたが、今日はイベント運営の視点から、お客様の満足度向上につながるちょっとした工夫を紹介したいと思います。  

1. PeaTiXでチケットレス・郵送コスト削減で受付もスムーズに

去年まではチケットを一枚ずつ郵送していたそうですが、今年からはPeaTiXを活用しチケットレス化しました。予約確認や支払い管理が簡潔になり、郵送費も削減できたそうです。
また、チケットの種類によって受付窓口が分かれていたのですが、会場入り口にWOMサミット事務局の人が立ち、お客様毎にどこの窓口に行くかをご案内することで混雑時もよりスムーズなオペレーションを実施しておりました。
どこに並べば良いか一目瞭然、スムーズな受付のための「価値ある一手間」と言えそうです。  

2. ソーシャルメディアのポリシーとハッシュタグをアナウンス

イベントによって、広くソーシャルメディア上に拡散して欲しい場合もあれば、「オフレコ」にして欲しい場合もあります。ただ、参加者が自発的にハッシュタグを作り情報がバラバラになったり、著作権やプライバシーが守られず問題になることも多いです。 WOMマーケティングサミットでは、最初に主催者からポリシーについてアナウンスがありました。併せてハッシュタグも画面に大きく表示。 主催者の意図を明確に伝えることで、参加者も安心してソーシャルメディア上でコミュニケーションができるようになります。  

3. おすすめランチを紹介・お客様の誘導をスムーズに

会場は六本木ヒルズ内のアカデミーヒルズでしたが、ランチタイムをまたぐ一日がかりのイベントです。パンフレットには、会場周辺の「おすすめランチマップ」が掲載されていました。主催者のさりげない心配りでしたが、遠方からの参加者には嬉しいコンテンツです。 ところで、ランチタイムを利用して会場のレイアウト変更が行われていました。大部屋に仕切りを入れて椅子やステージを並べ替えていましたが、そのためには午前のセッション終了後、お客様にスムーズに退出してもらわなければいけません。ランチマップは、そのためにも一役買っていたようです。   以上、ちょっとした工夫がお客様の満足度を上げる例でした。是非皆さんのイベント運営の参考にしてください!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
イベントレポート, イベント事例, セミナー・講演会・勉強会. permalink.