イベントオーガナイザーのための「PeaTiX Live! Vol.1」 を9/1(木)開催しました!

  2011年9月1日(木)19:00よりco-lab西麻布 B1F KREI SALONにて 「PeaTiX Live! Vol.1~イベント企画・コンテンツのHow to~」を開催しました。 PeaTiX Live! Vol.1
■PeaTiXプレゼン
PeaTiXの機能や今後のサービス展開予定まで、デモを交えながら紹介させていただきました。 PeaTiXの今後

質疑応答では、来場の方々から鋭い質問など沢山いただきました。 PeaTiX の今後の可能性を感じている方が多く、皆さまから多くの期待をいただいている事がわかり、PeaTiX スタッフ一同「より精進しなければ!!」と心に誓ったのでした。

Pea tix live_0901
View more presentations from Orinoco K.K.

■大人の運動会

2011年10月15日(土)に新河岸陸上競技場(板橋区)にて開催予定の「大人の運動会」を主催しているエンリッチ株式会社代表の柴田洋佐氏とレターズ株式会社代表の野間寛貴氏のプレゼンです。

イベント成功のノウハウとは?

  • 成功の豆(鍵) →集客があってこそ
  • 素人がどうやって300名を集めるのか?何をキーにして集めるのか? →コンテンツ(この企画の場合には「運動会」)+スタッフ コンテンツはキャッチーでポップ誰しもが経験したことのある「運動会」、ネーミングの「大人の」には青春を想い出させるノスタルジーの感情が含まれている

これらと 「想い」=「なぜそれをやろうと思ったのか」をプラスした。

それはなぜなら、、、

  1. 仕事以外の場であった縁を大事にしている →人生において一番大事なことだとおもっているから
  2. 復興支援を何かしらできないか →自分がイキイキと働くこと、そしてそれが経済を活性化させる 最終的に「ゲンキをリレーしよう」というコンセプトが生まれた

柴田氏プレゼン

特にイベントのノウハウはなかったが、50人ぐらいがこのイベント(の趣旨)に共感してもらい協力してくれることとなった。 50人を組織化し、彼らがインフルエンサーとなり、彼らの友人を5人ずつこのイベントに連れてくる事になり集客している。

大人の運動会の組織

確実に参加人数を確定するため、集金の煩雑さを解決するため PeaTiX を導入したとの事。

  • 個人的にはサイトがカッコイイ、UIが素晴らしいところが決め手になった(野間さん)
  • リアルタイムで集客申し込みが見えるのがよい(柴田さん)
「プレイベートでも仕事でもどんな事業をやるにせよ、そこに”想い”があるかどうかで人がついてくるかが決まる」と柴田氏が締めくくりました。
■getstage

最初はイベント企画の会社だったとg&h株式会社代表の松山氏。 コンテンツに悩んでいるなら、是非「getstage」を使ってほしいと「getstage」のサービス説明からはじまりました。

getstage

社会人の交流会から大規模Party、野外フェスといった「getstage」の事例をご紹介いただきました。

海外事例としてsonicbidsを利用した米国GAPが40周年で行った「Born To Share」などのお話も。

松山氏プレゼン

また、東日本大震災後に日本を良くするという強い意志を世界にアピールし、世界と協力しながら日本の復興を遂げようと言う「Project KIBOW」に協力し、被災地の方を音楽で元気づける活動もgetstageは行っている。

View more presentations from Ryuta Suzuki

懇親会では、サプライズとして、getstageで募集したアーティストのEvaAineさんのライブが! パワフル&素敵な音楽で魅せてくれたのでした。

EvaAine さん Live中!

来場いただいた皆さまありがとうございました!

次回は11月を予定しておりますので、決まり次第告知させていただきます!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
Event Salon, イベント事例. permalink.