イベントを活用して寄付・支援金を集めるアイデア:チケット編

非営利活動のイベントとして、寄付・資金集め(ファンドレイジング)を目的とした場合、イベント参加のチケットの申し込みと併せて寄付も受け付ける事ができます。実際のイベントを例にご紹介します。

  • チャリティイベント


このイベントは、PeaTiX が2011年12月に行ったチャリティー・クリスマスパーティーです。イベントの売上は震災復興支援のために使われました。 「参加チケット」として、1000円から1万円まで5パターンの金額を設定。参加者は、任意でチケットの金額を選ぶことができます。 チケットの「効果」が同じなら、普通は「最も安いチケット」だけ売れると思われますが、これはチャリティーイベントで、チケット代は寄付されます。 結果的に最低の額を出す方はきわめて少なく、真ん中の金額を出される方が非常に多かったという点です。(100名近くの方から17万4000円の寄付を集める事が出来ました。)
「1口500円で何口でも」という方法もありますが、このようにパターンを明示してあげる方が、参加者は寄付しやすくなります。
当日のイベントレポートはこちら

  • イベントに参加出来ない方の「応援参加チケット」


Yum! Yam! SOUL SOUP KITCHEN さんは、日タイを食で新たに繋ぐプラットフォームの創造を目指す、特定非営利活動法人 (NPO) 団体です。1-2ヶ月に1度、日本とタイを繋ぐ食イベントを実施されています。 今まで日本でこのイベントを実施されてましたが、2013年3月に初のタイでのイベントを実施しました。
この際、「タイには行けないけど、活動を応援したい」という人のために、1口1000円の「応援チケット」がイベント参加チケットとあわせて販売されました。



(毎回売り切れのイベント、Yum! Yam! SOUP SOUP KITCHEN さんのインタビュー記事はこちら) 非営利活動で、寄付や資金集めを検討している方は、是非参考にしてください。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で