前日の仕込みから当日後のフォローまで!イベントの情報発信をトータルで学ぶ体感型ワークショップ開催のお知らせ

[box] ・当日Twitterで配信する公式情報を事前に整理しておく ・ハッシュタグは、会場内への張り紙や配布資料に記載することで認知度をあげておく ・ Togetterは参加者が帰宅時に確認できるように、イベント中に作成する
「バックチャネル運営術」参加者を巻き込むTwitter実況中継
[/box] TwitterのハッシュタグやFacebook、ニコニコ生放送など、現場で表現するコンテンツと同時に、オンライン上で情報共有やコミュニケーションが行われる機会が増えてきました。 うまく活用することで、参加者の会話を盛り上げたり、プレゼンでは伝えきれなかった情報を伝えたり、イベント後に期待するアクションにつなげることができます。 そこで、効果的なイベントの情報発信を考える機会を設けました。 4/22(月)に、イベントに集まる想いをデザインする「リアルタイムTwitter実況&レポート」術を開催します。当日は、ゲスト講師としては50以上のセミナー/イベントで実況中継をコーディネートしてきた笠原 孝弘さん(@meganehara)を、またナビゲーターとしては著書に『Social Good 小事典』(講談社)をもつ市川裕康さん(@socialcompany)をお呼びして、ワークショップを行いながら実際に体感しながら学ぶ機会を設けます。 参考までに、ゲスト講師・笠原さんの以前の講演資料をご紹介します。 またこのイベントに参加いただけた方は、5月26日に開催されるイベント主催者のための祭典「Event Festival Tokyo 2013」の参加費500円引きクーポンをプレゼント!また5月26日のイベント当日に、Twitter実況やレポートのご協力を頂ける方には「Event Festival Tokyo 2013」へボランティアスタッフとして無料でご招待させていただく可能性もあります。そのためにもまずは4月22日開催イベントに集まる想いをデザインする「リアルタイムTwitter実況&レポート」術にどうぞご参加下さい!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で