参加者数の約4倍にリーチ!チケット購入率を2倍に! Peatix集客機能強化中!

集客機能強化中 「イベントまであと3日、でもチケットは半分しか売れてない。。。」

集客に苦戦。。。イベント主催者なら誰でも一回は経験があるのではないでしょうか。主催者へのアンケートで、課題のTOP3にいつもランクインするのが「集客」です。

集客において最も重要なことは、もちろんイベントの内容やタイトルでしょう。しかし、単に告知が上手くいかなかったり、FacebookやTwitterとの連携が上手くいかなかったりして、集客に苦戦するケースも散見されます。(もったいない!)

そこで、Peatixでは、皆さんの「集客」をサポートするための仕組みを実装してきました。最近発表した機能が、どのくらい効果があるかをこのブログでお知らせします。効果的に活用して、是非みなさんのイベント集客に役立ててください。

1. 参加者数の約4倍にリーチ!「ソーシャル拡散プログラム」


ソーシャル拡散Peatixのチケット購入の半数以上はFacebook、Twitterなどのソーシャルメディア経由、集客の上では非常に重要です。しかし、単に自分のアカウントで投稿するだけでは、毎回同じ人にしか届きません。タイトルがキャッチーだったり、カバー画像に有名人の写真が使われていたりすると、クチコミの力で自然に「拡散」していくこともありますが、狙ってクチコミを起こすのは中々難しいですよね。

そこで、4月1日にリリースしたのが「ソーシャル拡散プログラム」です。参加者にチケットの値引き販売をオファーする代わりに、イベント情報をFacebookやTwitterで拡散してもらう仕組みです。主催者は、管理画面で「ソーシャル拡散プログラム ON」をクリックするだけ。
ソーシャル拡散プログラム詳細

さて、サービスを開始して二ヶ月以上が経過しましたが、リーチを増やすために特に効果的であることが分かりました。
平均すると、1人のチケット購入者がソーシャルで拡散することで、4人が実際にイベントページまで訪れています。
(そこから更にソーシャル拡散プログラムをオンにし続けていると、購入者が次の4人を連れてきます)

そもそもページのPVが低い、多くの人に知らせたい、という人はまず「ソーシャル拡散プログラム」を活用してみましょう!


2. チケット購入率を2倍に! 「ウォッチリスト」


ウォッチリスト 忙しい時期のイベントだったり、チケットがちょっと高めだったりすると、参加者がすぐに申し込んでくれないのがイベントです。後で思い出して申し込んでくれたら良いのですが、そのまま忘れられることもしばしば。。。
そこで、後で思い出してもらうための仕組みが「ウォッチリスト」。全てのPeatixイベントに、自動的にこの機能が実装されています。
機能はとてもシンプルで、ウォッチリストに登録したイベントの開催日が近づいたり、売り切れ間近になると、登録者に自動的にメールがプッシュされます。


さて、実際の効果ですが「思い出してもらう」効果は大きく、ウォッチリストの「申し込み率」は、Peatix全体平均の約2倍となりました。

カレンダーやメモ帳に記入して検討してくれる人もいますが、ワンクリックで記録、売り切れる前にお知らせすることで、購入率もぐっと高まります。

3. 履歴やフォロー情報を元にオススメイベント情報をお届け!


レコメンデーションメール 先週Peatixがリリースした機能が「レコメンデーションメール」です。
自身のイベントの参加履歴や、ソーシャルメディア上のフォローなどの情報を元に、独自のアルゴリズムでおすすめイベント情報を配信します。
まだ始まったばかりですが、すでに「今までリーチできなかった、新しい客層の参加者が来ました!」という主催者からの連絡もありました!


この他、「イベント検索」を5月にリリース、今後は継続的にイベントを開催する主催者や、コミュニティのための機能を追加していきます。

*使い方の質問や、新機能のリクエストはお気軽にご連絡ください!
お問い合わせ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
Featured, p, イベント主催ノウハウ, イベント企画, イベント集客・告知. permalink.