イベント運営をさらに便利にする機能をリリース!


本日イベント運営をさらに便利にする機能をリリースしました!
PeaTiX はイベント告知から当日の入場管理まで円滑なイベント運営をサポートします!
今回新たにリリースした主な新機能はこちらになります。
  • PC のウェブカメラによる、チケット読み取り機能
   iPhoneやAndroidアプリに加え、PCのWEBカメラを使ってQRコードをスキャン!
  • イベント参加表示の更新
   イベント公開後でも、チケット販売枚数や参加者表示を自由に設定が可能に!
 
  • PCスキャン機能
カメラ内蔵のPCか、WEBカメラをお持ちであれば、PCeチケットの読み取りが可能になりました。
高価なQRコード(2次元バーコード)リーダーがなくても PCQRコードの読み取りが可能になりましたので、
大規模イベントでの大量処理やスマートフォンを利用しない入場確認などにご活用ください!
PCスキャン機能のご利用には有線もしくは無線の通信環境が必要になります。
Adobe Flash Player で動作する PCスキャナーは、Spark Project にて公開されている 
QRCodeReaderを利用しています。ソースコードはこちらで参照してください。



<PCスキャナーの使い方>
1.WEBカメラが利用可能な状態のPCPeaTiXサイトにログイン後、  
「ダッシュボード」から該当のイベントを選択します。  
下のイベント編集画面に移りますので、「参加者」をクリックします。

2.QRスキャナーをクリックします。

3.QR Scanが開きますので、許可をクリックします。

4.PCの内蔵カメラ(もしくはPCに接続したWEBカメラ)に
参加者が持参したeチケットのQRコードをかざすと読み取りを開始します。
チェックイン完了の表示がでたらOKです。

  •  イベント参加表示の更新 
PeaTiXではイベントページに「参加者数」と「参加者リスト」が表示できます。
いかなる人気イベントであってもチケット販売開始時には0枚の販売状況からスタートするので、
ページを訪問するお客様によっては「参加者が集まっていないイベントへの参加申し込み」を
戸惑う方もいらっしゃるかもしれません。そのような状況が心配される場合は、イベント公開時の
プライバシー情報設定を「非表示」とし、ある程度イベント参加者が集まった後に「表示」へと
設定を変更することをオススメします。

<プライバシー情報の編集方法>
プライバシー情報では、下記の設定が可能です。
非公開イベントの設定・・・非公開イベントにした場合は、パスワード入力が必要です。 
参加者リストの表示・・・イベントページでの参加者リスト表示を設定します。 
参加者数の表示・・・全チケットの枚数と販売枚数(=参加者数)の表示を設定します。
非公開イベントの設定以外はイベント公開後でも設定変更が可能です。
※ 参加者リスト表示はチケット申込時に参加者が表示の有無を選択することができます。

イベント公開後にプライバシー設定を編集する方法は下記のとおりです。
1. ログイン後、ダッシュボードから該当のイベントを選択します。
2. イベント編集画面にある「プライバシー設定」で表示したい情報にチェックを入れてください。

3. 画面右上の「編集終了」ボタンをクリックするとイベントページへ表示設定が反映されます。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で