会場開催・オンライン配信を組み合わせたイベントでのPeatixの使い方

Peatixでは、会場に集まって開催するイベントと、会場を持たず、オンラインのみで開催するイベントの2種類のイベントページが作成可能です。

会場開催とオンライン配信を併用するイベントの場合は、2通りのイベントページ作成方法があります。それぞれに強みと弱みがありますので、ご都合の良い方を選択して下さい。

 

1つのイベントページで会場参加チケットとオンライン参加チケットを販売する

チケット購入者の誤解を招かないよう、それぞれのチケットが、[会場参加]/[オンライン参加]のどちらなのか、分かりやすくチケットを作成してください。

メリット:

  • 参加者を1つのイベントページで管理できる。
  • 有料の集客サービスを利用する場合は、1イベントページ分の申し込みで済む
  • チケット販売代金の振込手数料(210円/1イベントページ)が1イベントページ分で済む

 

デメリット:

  • ブラウザ版Peatixの「オンラインイベントを探す」の絞り込み検索結果に表示されない

 

会場参加とオンライン参加それぞれのイベントページを分けて作成し、相互リンクさせる

チケット購入者の誤解を招かないよう、それぞれのページが、[会場参加]/[オンライン参加]どちらの申し込みページなのか、分かりやすく作成してください。

イベントのタイトルや本文、チケットの表記などに、[会場参加]/[オンライン参加]と記載することをおすすめします。

メリット:

  • ブラウザ版Peatixの「オンラインイベントを探す」の絞り込み検索結果に表示される

 

デメリット:

  • 2つのイベントページで参加者を管理する必要がある
  • 有料の集客サービスを利用する場合は、イベントページごとに申し込む必要がある
  • 販売代金の振込手数料(210円/1イベントページ)がイベントページごとに発生する

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
Peatix 活用法, イベント主催ノウハウ. permalink.