「ギネス取ります!」(勢いで)->9ヶ月後鬼ごっこギネス記録更新?!〜EventSalonで沸いた、富山の熱い夜(前編)


2014年12月16日、富山で初めて「イベント主催者のためのイベント EventSalon」 が開催されました。元々EventSalonは、Peatixと渋谷co-baが共催しているイベントでした。参加者の一人、富山県出身で去年の8月に東京からUターンした松本八治さんから連絡をもらったのは、EventSalonも第5回目を終えた頃。

富山でも素晴らしいイベントをしている人がいるし、これから活動を始めたい、と思っている人もたくさんいる。EventSalonを富山でも開催したい!

それならば、是非富山でも!ということで、EventSalon in Toyamaの開催が決定。(開催の経緯は こちら )


ええと、今だから言いますが、最初は「富山でイベント主催者が何十人も集まるんだろうか?」って思っていましたよ、正直なところ。。。でも、朝活を400回も開催した人や、鬼ごっこギネス記録を作った人が富山にはいる!と聞いてびっくり。そして、何より松本さんの熱い想いに押され、
だったら私達も協力します!負けてられない!東京からも、登壇者を二人派遣するのはどうでしょう?!

と言ってしまいました。
そして、EventSalonのプロデューサーでもある中島さん、朝のニュース番組や新聞で話題になった「朝フェス」の藤本さんの登壇が決定、第一回目を飾るにふさわしい登壇者が揃いました。

EventSalon in Toyamaの登壇者

・5年間で400回以上、参加者8000人の朝活コミュニティを開催する 永吉 隼人 氏
・1556人参加の鬼ごっこ企画でギネス記録を作った実行委員長 大門 良輔 氏
・日本初イベント主催者の祭典は600人の集客。EventFestival Tokyo2013総合プロデユーサー 中島 明 氏
・朝からハイテンションになれる場づくり早朝フェス主催者 藤本 太一 氏

EventSalon in Toyama Peatixイベントページ


小雪がちらつく12月の富山。外の寒さとは裏腹に、会場のLiTa Clubは静かな熱気。朝日新聞や北日本新聞の記者の方も、EventSalonの取材をすべく、駆けつけています。


主催の松本さんの挨拶の後、最初の発表は中島明さん。EventSalonを始めるきっかけとなったEventFestivalの企画書を暴露しつつ、

「イベント終了後、参加者が会場の扉をくぐるとき、どんな想いになっていて欲しいのか」

と、企画の心構えを紹介。

次にお話頂いたのは、鬼ごっこのギネス記録を作った大門 良輔さん。大門さんがイベントを始めるきっかけは、なんと永吉さん主催の「朝活」だったそうです。勢いで(?)「ギネス記録取ります!」と言ってしまった大門さん、調べてみると「鬼ごっこ」の参加人数なら取れそう、ということで、開催を目指すことになりました。
とは言うものの、大門さんにイベントの経験はありません。思いつく限り色々な人に(例えば、市役所で「運動場貸して欲しい」、新聞社に「取材してほしい」)直接話をして、企画から9ヶ月で開催までこぎつけたそうです。

結果として 1556人が鬼ごっこに参加、めでたく「鬼ごっこのギネス記録」認定!

(Facebookイベントより「鬼ごっこルール・ギネスの流れ」)

鬼ごっこのルール
① 鬼は増えていく:タッチされると鬼が交代されるのではなく、増えていくタイプの鬼ごっこ。
② 最初は鬼が5人でスタートし全員が鬼になった時点で終了。時間無制限。
③ 鬼の判別:参加者にハチマキを持ってもらい、鬼になった人は額にハチマキをする。

参加人数のチェック方法
① 入場時の人数確認と鬼ごっこの終了時の人数を確認。
② 参加者にナンバーの入ったゼッケンorタグをつけ、監視員が参加者50人に対し1人置き参加者がルールにそって鬼ごっこをしているのかチェック。
③ ①-②=公式記録。
④ 適正な公式記録である事を証明する証明人が2人必要となり、サインをして公式記録と判断される。

https://www.facebook.com/events/225407167470089/

準備の9ヶ月間、多くの人の反対にあったそうです。(いや、確かに、イベント経験ない人がいきなり「1500人規模の屋外イベントやる!」って言い出したら、私も反対してたかも。。。)
そんな反対の声を押し切って実現できたのは、

「世界一になる」という経験を子どもたちと共有したかったから

とのこと。子供のうちに、一度”世界一”を経験しておけば、子供たちが成長して何かの壁にぶつかったとき、その壁を乗り越えられる自信になるかも知れませんね。

ちなみに、鬼ごっこのギネス記録は、その後更新されてしまったらしく、次のギネス記録更新に向けて計画しているそうです。

後編へ続く

*次回Event Salonは2/5(木)!テーマは「型」です!