場づくりをする人たちの場|Event Salon #1 物語 開催レポート

12月12日、“場づくりをする人たちの場”として生まれた「Event Salon(イベントサロン)」第1回目が開催されました。「Event Salon」とは、月1回、新しい時代のイベントを表現するテーマを設定し、そのテーマに沿ったゲストスピーカーをお招きするトークライブ&交流会です。

会場となったのは、渋谷にあるオシャレな会員制シェアードワークプレイス「co-ba」。“場の発明”をビジョンに掲げる「ツクルバ」が運営するイベントスペースです。

記念すべき第1回目のテーマは「物語」。

人気のサービスやヒットを飛ばした商品の背景には、必ずといっていいほど魅力のある“物語”が隠れています。たくさんの人々の心に残り、拡散されるイベントも同様です。

そこで今回は、規模やジャンルもさまざまなイベント主催者&クリエイター4名に、人気イベント誕生のきっかけ、共感を生むイベントの作り方などを教えていただきました! 

ゲストスピーカーとして登壇されたメンバーはこちら。

ゲスト4名が語った“秘話”には、一般のイベント企画に生かせるようなアイデアやヒントが盛りだくさん。次回以降、このブログで更新していきますので、お楽しみに!

一方、オーディエンスは、今までにイベントを主催してきた方、これからイベントを開催してみたい方などが大集合。ビールやジンジャエールなど、好みの飲み物を片手に、リラックスした雰囲気でゲストの話に耳を傾けます。

トークの内容は、「わかる!」と思わず膝を売っちゃう話、「そんなテがあったんだ!?」と目からウロコが落ちるような話のオンパレード。会場にしばしば笑いを巻き起こしながら、それぞれの質疑応答でも盛り上がりました。
トークライブの後は、ゲストや参加者を交えた交流会タイム!!







イベント会場でのケータリングを手掛ける「FOOD unit GOCHISO」による、ホカホカのオムライスも! おいしいおもてなしがあれば、おしゃべりにもついつい花が咲いちゃいます。



ゲストのトークにおどろいたり、笑ったり。新たなお友達ができたり、プロジェクトの仲間を見つけたり。たくさんのハッピーが生まれて、広がっていった楽しいひとときでした。


—————————————————————————————
第1回 開催概要
日時:2013年12月12日(木)19:30-22:00(開場19:00)
場所:co-ba(コーバ)(6F co-ba library) アクセス
参加費:3,300円 ※交流会参加費込(軽食・ワンドリンク付)
定員:40名
主催:Event Salon実行委員会
共催:Peatix, tsukuruba inc.
—————————————————————————————
「Event Salon」第2回目は、2月上旬に開催予定です。こちらもどうぞお楽しみに!

(文章:矢口あやは)


あのイベントを始めたきっかけは?イベントをやって何が変わった?
ユニークなイベント主催者の話から、あなたの活動へのヒントを探しに来ませんか?

イベント主催者のためのイベント「イベントサロン」
定期的に開催中!

イベントサロンのグループをフォローすると次回開催のお知らせをお届けします

イベントサロンのグループをチェックする!



co-baEvent Salonは、co-baの協力の元開催されます。会場となる「co-ba library」は、渋谷のシェアードワークスペース「co-ba」の上の階につくられた、シェアライブラリー。誰かの本棚を見て、その人の趣味・趣向がおもしろいと思った事はありませんか?ここは作家別でもジャンル別でも時系列別でもない、本の提供者別に個性的な本棚が並ぶ、みんなでつくっていく「図書館」です。  「co-ba library」は19時以降、イベントスペースとして利用できます。靴を脱いで使うリラックスした空間の中で、本に囲まれながらの様々な催しが企画できます。少しアカデミックな雰囲気、カルチャーに近い雰囲気のなかで新しい時間を生み出してみませんか。  co-ba library >>問い合わせ/「co-ba library」を利用する

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
Event Salon, イベントレポート, イベント事例. permalink.
Peatix
Peatixは、誰でも簡単にイベント管理、チケット販売・集客が行えるウェブサービス・モバイルアプリです。イベント主催者は、審査や手数料を負担する事なく、ユーザー登録後すぐにチケット販売が可能、参加者はウェブやモバイルアプリを通じて、発券手数料を負担することなくチケットを購入することができます。2013年にグッドデザイン賞を受賞、日本をはじめ、アメリカ、シンガポール、マレーシアなど26カ国で多くのユーザーに支持されています。