「なぜ勉強会に参加しているの?」「勉強会に求めているものは?」「自己負担はいくらまで?」ベストチームオブザイヤーとPeatixが共同で調査を実施しました


その年の「ベストチーム」を表彰し、日本のチームワークの向上と促進を提案するベストチーム・オブ・ザ・イヤー実行委員会(委員長:齋藤孝:明治大学教授、以下:実行委員会)と、Orinoco Peatix株式会社(オリノコ・ピーティックス、所在地:東京都渋谷区、代表取締役社長: 岩井直文、以下Peatix)は、若者のチームワークに関する調査の第13弾として、全国の社会人男女約700人に「社外勉強会」に関する調査を行いました。

実行委員会では、若手社会人向けワークショップ「社会を変えるチームを創造するフューチャーセッション」 を昨年から今年春にかけて行いました。そこでの様々な交流や情報収集から、こうした社外勉強会に参加する若手社会人が増えていると仮説を立て、社会人の社外勉強会に関する現状把握のため今回の調査を行いました。

今回の調査では、Peatixとベストチームオブザイヤー実行委員会が共同で、若手に限らず「社外勉強会に参加したことのある社会人」を対象に、社外勉強会に参加する理由や得たもの、期待することなどを尋ねました。

当調査で、社外勉強会に参加する目的は、仕事に関連する知見と人脈を得ることが大半であること、7割の人が2ヶ月に1回程度の割合で参加しており、世代や職種に関係なく幅広い知見を得たいと考えている人が約6割に上るという結果が出ました。

また、該当者のうち、資格取得の学習をしている人は3割弱、オンライン学習については、経験者と未経験者が過半数で分かれるという結果も出ました。

調査概要
調査対象:Peatixで公募された勉強会、セミナー、ワークショップに直近1年以内に1回以上参加したことがある社会人
有効回答数:704名
調査期間 :2014年9月3日(水)~ 8日(月)
調査方法:インターネット調査


勉強会参加の目的は「仕事の幅を広げる知見を得るため」が6割 ー 参加した結果、目的は果たせたており、人脈構築にも一定の効果が

社外勉強会に参加する目的を尋ねた質問では「現在の仕事の幅を広げる知見を得るため」と回答した人が6割という結果が出ました【図1】。実際に勉強会で得たものとの比較すると、「学ぶことそのもの、知的好奇心の充足」の項目のみ、参加前後の差が出ており、「知見を得る」、「人脈構築」といった目的に関しては、おおよそ意図に適った成果を得ているようです。

社外勉強会への参加頻度としては、「年間2~5回」が約5割と最も多く、次いで「6~10回」が2割となり、だいたい2ヶ月に1回の割合で社外勉強会に参加している人が約7割いることが分かりました【図2】。また、社外勉強会への参加頻度が高ければ高いほど、知見より人脈構築の面で成果が得られているとの結果がでました【図2-1】。

【図1】
  【図2-1】
  【図2】
  【表1】


調査結果の詳細や分析についての詳細はベストチーム・オブ・ザ・イヤーWEBサイトをご覧ください

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
Featured, p, お知らせ, プレスリリース. permalink.
Peatix
Peatixは、誰でも簡単にイベント管理、チケット販売・集客が行えるウェブサービス・モバイルアプリです。イベント主催者は、審査や手数料を負担する事なく、ユーザー登録後すぐにチケット販売が可能、参加者はウェブやモバイルアプリを通じて、発券手数料を負担することなくチケットを購入することができます。2013年にグッドデザイン賞を受賞、日本をはじめ、アメリカ、シンガポール、マレーシアなど26カ国で多くのユーザーに支持されています。