ピーティックスは、リノベーションスクールを応援します!

2017年4月、ピーティックスはリノベーションスクールのパートナーとなりました。リノベーションスクールとその関連イベントを支援することで、全国各地の地域活性化、コミュニティ形成につながる取り組みを応援していきます!

リノベーションスクールって?

リノベーションスクールとは、使われていない建物・土地(遊休不動産)を活用し、新たな産業・雇用・コミュニティを作り出すためのプロジェクトです。

主に地方都市の駅前・中心市街地の商店街エリアにフォーカスを当て、そこに新たなプロジェクトを生み出しています。

はじまりは、2010年北九州市の小倉魚町。6年間、地元の不動産オーナーとリノベーションスクール運営メンバーが協力し、22ものプロジェクトを生み出しました。この取り組みは雇用、商店街の歩行者数を伸ばし、同地区は今では国家戦略特区に指定されています。

その後、リノベーションスクールは全国32の都市・地域に広がり、2017年4月時点で、開催回数は70回以上にものぼります。

リノベーションスクールの魅力

リノベーションスクールの魅力はたくさんありますが、ピーティックスが特に素敵だと感じているのは以下の2点です。

地域を盛り上げようとする人たちの”思い”が集まるプロジェクト

不動産オーナー、自治体行政担当者、地元の住民の方、リノベーションスクール運営者の方…。それぞれの考えや価値観、立場上の役割が異なる人たちが集まると、お互いの目線を合わせたり、方向性をまとめていくことは簡単ではありません。 それでもこの取り組みが広がっている理由は、そこに集まる人たちに「地域をもっと盛り上げたい、もっと素敵な場所にしたい」という強い思いがあるからです。

「物事をもっと良くしよう、楽しくしよう」という思いは、ピーティックスが応援し続けているものです。リノベーションスクールに集まる強い思いを、ピーティックスも応援していきます。

多様な人たちの活動から生まれる”コミュニティ”

地方の不動産オーナーと自治体行政の方が中心となってスタートしたリノベーションスクールも、現在は民間企業、都道府県行政など多くの人たちが関わる取り組みへと成長しています。
また、リノベーションスクールの活動そのものが、地域に人が集まり、魅力が生まれる「コミュニティ」を生み出しています。人のつながりがプロジェクトを推進していき、その結果、多くの人にとって嬉しい地域社会が実現していく。リノベーションスクールの活動は、ピーティックスが応援し続けている「コミュニティ活動」の素晴らしい一例です。

これからもどんどん盛り上がっていくリノベーションスクール。素敵なプロジェクト、コミュニティが今日もどこかで生まれています。

リノベーションスクールの活動をチェックしよう!

グループに参加すると、今後のイベントのお知らせを受け取れます。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
Peatix 活用法, お知らせ, コミュニティ紹介. permalink.
Peatix
Peatixは、誰でも簡単にイベント管理、チケット販売・集客が行えるウェブサービス・モバイルアプリです。イベント主催者は、審査や手数料を負担する事なく、ユーザー登録後すぐにチケット販売が可能、参加者はウェブやモバイルアプリを通じて、発券手数料を負担することなくチケットを購入することができます。2013年にグッドデザイン賞を受賞、日本をはじめ、アメリカ、シンガポール、マレーシアなど26カ国で多くのユーザーに支持されています。