気になる公演を見つけよう!コンテンポラリーダンスのイベントグループ4選

気になる公演を見つけよう!コンテンポラリーダンスのイベントグループ4選

「コンテンポラリーダンス」と聞いて、あなたは何を思い浮かべますか?

コンテンポラリーダンスとは、一般的に、定義付けできないような「非古典的かつ前衛的で、時代の先端を体現している」と考えられるダンス作品・ダンステクニックだと言われています。

最近では、女優の土屋太鳳さんがオーストラリア出身アーティストSiaの日本版ミュージックビデオでコンテンポラリーダンスを披露して話題になりましたよね。

他にも、俳優として知られている森山未來さんも、今活躍しているコンテンポラリーダンサーの一人です。

今回は、そんな日本でもじわじわと知られてきているコンテンポラリーダンス作品を発表しているダンスカンパニーのイベントグループを4つご紹介します!

目次:

  1. コンテンポラリーダンス × 発語・芝居・踊りの絡み合い! by きゅうかくうしお(辻本知彦 + 森山未來)
  2. コンテンポラリーダンス × 日本屈指の振付家! by OrganWorks
  3. コンテンポラリーダンス × 名古屋発の男性ダンサー集団! by afterimage
  4. コンテンポラリーダンス × 日本生まれの前衛的なダンス「舞踏」! by Ima Tenko “Hisoku”

きゅうかくうしお(辻本知彦 + 森山未來)

コンテンポラリーダンス × 発語・芝居・踊りの絡み合い!

きゅうかくうしお(辻本知彦 + 森山未來)

俳優としてご活躍されている森山未來さんですが、幼い頃からダンスをしていて、2013年から2014年までは文化庁の文化交流使としてイスラエルへ一年間のダンス留学をしたりと、実はダンサーとしても活躍されています!

そんな彼と、日本人として初めてシルク・ド・ソレイユのダンサーとして活躍し、東宝ミュージカル『RENT』では振付を担当していたワールドクラスのダンサー辻本知彦さんが組んで立ち上げたユニット「きゅうかくうしお」。

「例えば、声は声帯の新道から生まれるのだから、発語すること、芝居すること、踊ること、跳ぶこと、まわること、心の振動から体が動くことは、それぞれが絡み合って繋がっているべきだ。」というやりとりから生まれた、喋りながら、芝居しながら、踊りながらのパフォーマンスは、他では体験できないものとなっています!

気になる基本情報

  • ◎ 主な開催エリア:東京
  • ◎ イベント開催頻度:不定期
  • ◎ イベント参加費:有料 (イベントごとに異なる)

▼今後のイベント情報はグループをフォローしてチェック!
http://kyukakuushio.peatix.com/

OrganWorks

コンテンポラリーダンス × 日本屈指の振付家!

OrganWorks

2011年にKIMDC最優秀振付家賞を受賞し、2013年文化庁新進気鋭芸術家海外研修でスペインに9ヶ月滞在。その後2015年には小樽市文化奨励賞受賞、2016年にはトヨタコレオグラフィーアフワードのファイナリストに選ばれた。そんなダンサー、振付家として国内外で活躍している平原慎太郎さんが主宰しているのが「OrganWorks」です!

OrganWorksでは、平原さん本人がこれまでの全活動において経験してきた、あらゆる表現手段を用いて、テーマの時代性を捉え、そこに沿った作品を制作することを目指しています。

世界中から集まったコンテンポラリーダンサーをゲストに迎え、様々な演目・企画を発表しているので、気になるものを見つけたら要チェック!

ここに注目!過去の企画

▼過去の作品を観てみる!
https://youtu.be/bM78Xtp1CPw

気になる基本情報

  • ◎ 主な開催エリア:東京、札幌
  • ◎ イベント開催頻度:不定期
  • ◎ イベント参加費:有料 (イベントごとに異なる)

▼今後のイベント情報はグループをフォローしてチェック!
http://organworks.peatix.com/

afterimage

コンテンポラリーダンス × 笑いありの男性ダンサー集団!

afterimage

主宰・服部哲郎を中心に、男性ダンサーのみで構成されている名古屋発のコンテンポラリーダンスカンパニー「afterimage」。男性ならではの力強いエネルギーに、コンタクトインプロビゼーション(接触型即興)を取り込んだ「キモチイイダンス」を追求しています。

「感じた事や考えた事から体を動かす喜び」を芸術作品に取り入れ、より多くの人々にダンスを鑑賞する楽しさを提供し、ダンスという文化が一般的に普及されることを目指して活動しているそう。

作品には、思わず笑ってしまう場面なんかも組み込まれていて、誰が観ても絶対楽しめるシーンがあるはず!

ここに注目!過去の企画

▼過去の作品を観てみる!
https://youtu.be/nWvQ2m6KUhI

気になる基本情報

  • ◎ 主な開催エリア:名古屋
  • ◎ イベント開催頻度:年1回程
  • ◎ イベント参加費:有料 (イベントごとに異なる)

▼今後のイベント情報はグループをフォローしてチェック!
http://afterimage.peatix.com/

Ima Tenko “Hisoku”

コンテンポラリーダンス × 日本生まれの前衛的なダンス「舞踏」!

Ima Tenko “Hisoku”

1950年代末に、日本でうまれた前衛的な身体表現「舞踏」。
日本人の身体性と精神性が表出した独自のスタイルは、それまでのダンスの常識を根底から覆す、まさに「日本のコンテンポラリーダンス」です!

海外では評価されている日本の舞踏ですが、国内では残念なことに、あまり観る機会がありません。京都にある京都舞踏館では、「京都に行けば舞踏が観られる」という状況を作り出す為にも、ロングラン公演を実施しています!

「Ima Tenko “Hisoku”」のピーティックスグループでは、舞踏家・振付家として国内外で活躍されている今貂子さんによる作品『秘色(ひそく)』の公演が開催されています!

アバンギャルドでありながら、古代から伝わる日本人のユニークな身体観を体験できる舞踏作品を、ぜひ感じてみては?

ここに注目!過去の企画

気になる基本情報

  • ◎ 主な開催エリア:京都
  • ◎ イベント開催頻度:毎週木曜日
  • ◎ イベント参加費:有料 (一般 ¥3000)

▼今後のイベント情報はグループをフォローしてチェック!
http://peatix.com/group/38217

今回はコンテンポラリーダンスのグループをご紹介しました。 気になるグループはありましたでしょうか?

ピーティックスにはコンテンポラリーダンス以外にも面白いグループがたくさんあるので、ぜひ自分にあったグループを見つけてフォローしてみてください。

ピーティックスのアプリをダウンロードすると、イベントをキーワードやジャンル別に探すことができます。あなたの趣味に基づいたおすすめイベントもご紹介!日常をもっと楽しくするイベントを見つけに、アプリをぜひダウンロードしてみてください!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
Peatix 活用法, イベント主催ノウハウ, イベント企画, イベント運営. permalink.
Peatix
Peatixは、誰でも簡単にイベント管理、チケット販売・集客が行えるウェブサービス・モバイルアプリです。イベント主催者は、審査や手数料を負担する事なく、ユーザー登録後すぐにチケット販売が可能、参加者はウェブやモバイルアプリを通じて、発券手数料を負担することなくチケットを購入することができます。2013年にグッドデザイン賞を受賞、日本をはじめ、アメリカ、シンガポール、マレーシアなど26カ国で多くのユーザーに支持されています。