朝の時間を賢く使えば、こんなに良いことたくさん!朝活グループ4選

朝の時間を賢く使えば、こんなに良いことたくさん!朝活グループ4選

本当は毎朝早く起きて、出勤前に好きなことをする時間をつくりたい。
でも、わかっていてもできないのが早起き。
どんなにアラームをかけても二度寝してしまったり…。

それならいっそ、朝イチでイベントに参加してみませんか?
外に出かける用事があれば、きっと起きられるはず!

今回は、朝活イベントを開催しているグループを4つご紹介します。

目次:

  1. 朝活 × 一歩踏み出したい人! by ええやん!朝活!
  2. 朝活 × 毎日通える都内2ヶ所開催! by 東京朝活・読書会earlybird
  3. 朝活 × 渋谷で学び合い! by 朝渋(会員制朝活コミュニティ)
  4. 朝活 × 週末のとっておき朝ごはん! by とっておきの朝食会

ええやん!朝活!

朝活 × 一歩踏み出したい人!

ええやん!朝活!

『ええやん!朝活!』は、「一歩踏み出したらええやん」を合言葉に活動している団体です。
朝活への参加を「目的」ではなく「きっかけ」にし、参加者が何かを始めることを後押しするような企画を作っています。

参加者がそれぞれオススメしたい本を持ち寄って他の参加者にシェアする読書会や、みんなでアイデアを出し合ってアイデアコンテストのお題に挑戦するアイデアソン企画など、新たなチャレンジへの足がかりになるような朝活に参加してみませんか?

ここに注目!過去の企画

▼今後のイベント情報はグループをフォローしてチェック!
http://peatix.com/group/27003

東京朝活・読書会earlybird

朝活 × 毎日通える都内2ヶ所開催!

東京朝活・読書会earlybird

カフェコミュニティ『earlybird(アーリーバード)』は、2年以上の開催実績をもつ何人かの主催者が、東京の各所で交流会や勉強会を毎日開催しています。エコノミストや日経新聞を題材に行う勉強から、読んだビジネス書を紹介しあう会など内容は様々ながら、主にビジネスパーソンの方向けの朝活を行っています。

3年間で約1000回の交流会を開催し、1800人以上の人たちを引き合わせてきたアーリーバード。参加すれば、人生を変える出会いがみつかるかも?!

ここに注目!過去の企画

▼今後のイベント情報はグループをフォローしてチェック!
http://earlybird-meeting.peatix.com/

朝渋(会員制朝活コミュニティ)

朝活 × 渋谷で学び合い!

朝渋(会員制朝活コミュニティ)

「朝活したいけど、意外と渋谷に朝活コミュニティないよね」という流れから誕生した『朝から渋谷で学び合う会』略して『朝渋』。

参加者全員の学び合いをコンセプトとしているため、毎週次は誰がどんなテーマで講師として「学び」を提供するのかを決めていく、そんな会員制の朝活です。

非会員の方でも無料で参加可能な回もありますので、気になったらぜひ足を運んでみてください!

ここに注目!過去の企画

▼今後のイベント情報はグループをフォローしてチェック!
http://asashibu.peatix.com/

とっておきの朝食会

朝活 × 週末のとっておき朝ごはん!

とっておきの朝食会

週末の朝10時から開催される、ゲストのちょっといいお話を聞きながら、おいしい珈琲と朝食を食べる朝活を開催しているのが『とっておきの朝食会』。

ゲストにいらっしゃるのは起業家やパラレルキャリアを両立させている会社員など、普段の生活ではめったに出会えない独自のキャリアを築いてきた方達。

週末もちょっとだけ早く起きて、朝をもっと充実させてみませんか?

ここに注目!過去の企画

▼今後のイベント情報はグループをフォローしてチェック!
http://choushokukai.peatix.com/

今回は朝活イベントのグループを4つご紹介しました。
気になるグループはありましたでしょうか?

ピーティックスには朝活イベント以外にも面白いグループがたくさんあるので、ぜひ自分にあったグループを見つけてフォローしてみてください。

ピーティックスのアプリをダウンロードすると、イベントをキーワードやジャンル別に探すことができます。あなたの趣味に基づいたおすすめイベントもご紹介!日常をもっと楽しくするイベントを見つけに、アプリをぜひダウンロードしてみてください!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
Peatix 活用法, イベント主催ノウハウ, イベント企画, イベント運営. permalink.
Peatix
Peatixは、誰でも簡単にイベント管理、チケット販売・集客が行えるウェブサービス・モバイルアプリです。イベント主催者は、審査や手数料を負担する事なく、ユーザー登録後すぐにチケット販売が可能、参加者はウェブやモバイルアプリを通じて、発券手数料を負担することなくチケットを購入することができます。2013年にグッドデザイン賞を受賞、延べ80,000イベントを超えるイベントで活用され、日本をはじめ、アメリカ、シンガポール、マレーシアなど26カ国で多くのユーザーに支持されています。