ユニークなチケット戦略でファンを惹き付けよう!

  東京ヴェルディではファンの方々を魅了するスペシャルチケットの販売に定期的にPeaTiXを利用しており、本日はその事例を紹介させて頂きます。   【事例1】ユニークなチケットでファン満足度を最大化 2012年6月2日、味の素スタジアムで行われた東京ヴェルディ vs 大分トリニータ戦でピッチサイドシートをPeaTiXにて販売しました。”ピッチサイドシート”とは正にピッチサイドから選手と同じ目線、最も間近な距離から試合を観戦できる為、選手同士の会話が聞こえたり、汗も掛かるくらいの距離から試合を観られるスペシャルチケットとなります。

通常チケットでは入ることができないピッチサイドから、大迫力で大好きなヴェルディ戦が観られるとあって、家族連れも含め多くのファンに喜んで頂けました。 そして試合後にはピッチサイドシートのファンが、全選手とハイタッチができるというビックサプライズがありました! また入り口付近では、サポーターが来場者に選手のカードを配布するなど、サポーターも含めファンサービスをしており、子供達やファンの方々はとても喜んでいました。   【事例2】スペシャルチケットの発売でチャリティイベントを盛り上げる 3月11日の東京ヴェルディ vs ヴァンフォーレ甲府戦でもPeaTiXにて”チャリティチケットを販売しました。この時は、ファンの方が全選手の中から好きな選手の名前を選びチケットを購入すると、試合当日に選手の写真とファンの方のお名前が刻印されたスペシャルチケットが渡されるという、ファンの方にも大変喜んで頂けるチケットとなりました。そして復興支援ということで、収益の一部が募金に充てられました。   【事例3】ソーシャルメディアを絡めた魅力的な企画で新規のファンを取り込む 来たる6月13日(水)に国立競技場で行われる東京ヴェルディ vs FC岐阜戦では、ソーシャルメディアナイトが開催されます。また前日の12日(火)には、東京ヴェルディの羽生英之社長が出演してUstreamを通じて行う前夜祭放送に始まり、面白い企画が目白押しとなっております。   PeaTiXの購入者に対しは、700円分クーポン(生ビール相当分)付きチケットの販売や、試合後の取材体験の応募企画、写真を募集し試合当日にファンの方と選手の合成写真を国立競技場のビジョンに流す企画、ハッシュタグ付きのTweetをビジョンに流すなど面白い企画を考えておりますので、是非観に(遊びに)来てください! チケット情報はこちらから “ソーシャルメディアナイト”では国立競技場での開催ということもあり、既存のファンはもちろんのこと、普段サッカーを競技場で観戦しない人も、会社帰りに仲間とビールを飲みつつサッカー観戦をすることで、新たにサッカーファンになってもらうことを考えて企画されています。   このように東京ヴェルディではPeaTiXを活用し、ファンの皆様に喜んで頂けるスペシャルチケットを販売しており、新たなファンの獲得、既存ファンの満足度向上に繋げております。 更なる来場者、ファンの獲得に繋げて行く施策として、通常の入場チケットだけではなく、人々を惹き付ける付加価値のあるスペシャルチケットを販売するという方法は、スポーツだけではなく様々なジャンルのイベント主催者の方々にも参考にして頂けるのではないでしょうか。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で